紫式部の源氏物語を読んだことはありますか?

マンガ「あさきゆめみし」を読んだ人はリアルなイメージで

しっかり暗記できていますよね。

15205855087_a2a0c8cfbd-2

 

歴史上名を残すプレイボーイ光源氏がどれほど素敵な男性だったのか

逢ってみたいですね〜。

 

そこで「今日の20個」は

光源氏が愛した12人の女性達を記憶してみましょう。

本当はもっといたようですが、今日はその中から12人を抽出!

豊かにリアルにイメージしてみて下さいね〜。

14912349136_5dbab2f934_k

 

 

1.葵の上(あおいのうえ)

2. 六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)

3. 夕顔(ゆうがお)

4. 空蝉(うつせみ)

5. 藤壺(ふじつぼ)

6.朧月夜(おぼろづくよ)

7.源典待(げんのないしのすけ)

8.末摘花(すえつむはな)

9.花散里(はなちるさと)

10.明石の方(あかしのかた)

11.紫の上(むらさきのうえ)

12.女三の宮(おんなさんのみや)

 

平安時代の恋愛ってすごくオープンで

通い婚だったんですよ。

男性が女性のところへ通う。女性はそれをひたすら待つと言う形。

思い焦がれた男性が別の女性のところへ通っていると知った

2番の六条御息所は生き霊となって・・・というような恐ろしい話も

源氏物語の中では描かれています。

現代は女性が強くなったというイメージがありますが、

古典を読むと昔の女の方が強い!と言うより怖いよ〜って思います。

そのような歴史を勉強すると、視野が開けて楽しいですね。

 

murasaki

 

学生時代は何のためにこんな勉強するの?と言う問いかけを

自分自身にしてしまい、無駄な勉強はしない!と決め込んだこともありますが、

勉強は無駄であろうがなかろうが脳には良いと知った今日この頃。

大人になってからの学びは楽しいものです。

 

さて、何かを学ぶためにはそれを入れていく脳をまず耕しましょう!

次回アクティブは5月3日、4日。

お申し込みはこちらからどうぞ。

 

LINEで送る
[`evernote` not found]