学生時代歴史が苦手でした。

当時私の通っていた中学校で、面白いと有名な社会の先生の話にも全く興味が持てず、

歴史年表の暗記に気持ちが萎え、一切の歴史の勉強を放棄した記憶があります。

ところがアクティブブレインを体得すると、年表を覚えるのが苦でなくなるので

どんどん頭に入ってくるようになり、今歴史の勉強のやり直しをしています。

今回読んだのはこの本。

東北大学名誉教授 田中英道著「日本の文化 本当は何がすごいのか」

海外で暮らしていたとき、外国の方に日本について聞かれることがよくありました。

でも、私には答えることが出来ず、その頃からなんでかな〜と考えるようになりました。

 

ある程度のことを学んでおかないと、自国のことも話せません。

当時私が聞かれたこと。

「日本人ってどうしてお辞儀するの?」

「わびさびってなに?」

その他にも日本人としては常識でも海外の人から見たら奇異にうつることも

よくきかれました。

問いかけられるってすばらしい出来事です。

???なんで??って思うと脳が動き出しますから。

 

「日本の文化は何がすごいのだと思う?」そう問われたときの答えが見つかる1冊です。

 

日本っていいな〜と思わせてくれます。

LINEで送る
[`evernote` not found]