昔、怪我をして治る見込みがどうしても見つからなかったとき、

ずっとリハビリをしてもしても先が見えなかったとき、

心の苦しさをどうクリアしていいかわからず、貪るように本を読みました。

その時に出逢った文章です。

 

大きなことを成し遂げるために、

力を与えてほしい、と神に求めたのに、

謙遜を学ぶようにと、弱さを授かった。

より偉大なことができるようにと、健康を求めたのに、

より良きことができるようにと、病弱を与えられた。

幸せになろうとして、富を求めたのに、

賢明であるようにと、貧困を授かった。

世の人々の賞賛を得ようとして、成功を求めたのに、

得意にならないようにと、失敗を授かった。

人生を享楽しようと、あらゆるものを求めたのに

あらゆることを喜べるようにと、生命を授かった。

求めたものは一つとして与えられなかったが、

願いはすべて聞き届けられた。

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、

心の中で言い表せないものは、すべて叶えられた。

私はあらゆる人の中で、もっとも豊かに祝福されたのだ。

(マザーテレサへの旅路 神渡良平著 サンマーク出版より)

人は何かに挑戦して出来るようになったときに喜びを感じますが、

どの人もいずれ出来なくなる現実に直面するでしょう。

どんなときも希望を忘れないで。

一番辛いとき。それは命の根っこが強くなっているときだから。

LINEで送る
[`evernote` not found]