9月に腰が痛くなり、しばらく家でゆっくりしていました。

私はこう見えて(どう見えて?)忍耐力半端ないので、自分が疲れているとか、怒っているとか、自分のことはどうでもいい感じで毎日を過ごしてしまいがちなので、とことん無理だよという状況になってもあまり自分ではわからないようなんです。

それで、突然声が出なくなったり、腰が痛くなったりして物理的に動けなくなります。

無理している意識すらないので、体に不調が出てから、あ、ちょっとオーバーワークだったのかな。これくらいで?やわいな、、って思ったり。

なので最近はきちんと自分の心の声や体の声を聞くように意識しています。あと、人から注意されたときはなるべく聞こうと思っています。そういえば講師仲間の瀬口理恵さんにもいい加減に病院行け〜〜!ってメールもらいました。アクティブの講師ってみんなめちゃ優しいんですよね。

体に不調が出る前に、自分の心の声を自分で認識すれば、体にガタが来る必要はなくなると思うんです。

そういう理論を真面目に信じているので、自分の感情を無視するクセはよくないと思っています。どんな感情も私の大切な感情なので大切にしたいです。感情ってエネルギーなんです。怒りも悲しみも憂いも喜びもすべて上手にパワーに変えて建設的に使いたいなと思います。

だいたい、怒りというのは相手あってのことなんですが、相手が自分の思い通りにならないときに腹が立ちますね。でも、そもそも相手が自分の思い通りになんてなるわけないので、本当のことをいうと、相手はあまり関係ないんです。同じものを見ていても腹立てる人とそうでない人が存在するのだから、こちら側、自分の中身に原因があります。

なので、実際に相手に非があるとしても、相手を責めるのではなく、私の中の何かの原因を引き出してくれただけと考えます。いくら相手が意図的にこちらを怒らせようとしても、私が怒るという選択をしなければ怒らせることなどできないわけですから。

何に腹が立ってるのか分析すると、状況は別でも同じキーワードが出てきたりするんです。

それに気付いたら、腰が痛いのがその翌日から治っちゃいました。

で、しばらくすると次は背中が痛くなりました。一体全体背中にはどんな感情が溜まってるんだ?と感じてみると、また翌日には痛いのが治りました。

すっかり元気になったので、昨日は久しぶりにジムに復帰!


このものすごい柄のパンツはフィリピンのグリーンヒルズで買いました。雑多なショッピングモールです。面白いので機会があれば行ってみてください。

通いもできないのに、ジムはもうやめてしまおうか。お風呂会員で一体いくらドブに捨てたんだ?でも今日一日だけは頑張って自転車漕いで帰ろう。やめるかどうかはそれから考えよう。そう思ってヨガのクラスまで出たらすっかり元気になりました。また続けられそう。ていうか、健康の為に続けなきゃね。

さて、今日はこれから年に一度のアクティブブレイン講師総会です。楽しみです。いってきまーす!

 

LINEで送る
[`evernote` not found]