何かに取り組むとき、それを自分のものにする人とそうでない人の違いはどこにあるのか?

それは能力の差や、頭の良し悪しと言うことよりも
意識の差が大きく作用するように思います。

例えば車の運転をするとき、昔なら地図を見て走っていたのが、今ではナビが自動で教えてくれるようになると、いつまで経っても自分で路を覚えようとしませんし、電話番号の暗記も昔なら家族、親戚、友達の番号くらいは覚えていたのに、今はすべてiPhone任せです。

脳も筋肉もサボると緩むし、意識すると働くようになるのを如実に感じています。

私の中で使わなければ下手になる、やらないと怖くなっていることは車の運転です。
今の車には10年乗っていますが、まだ2万キロ走っていません。
ほとんど乗らないうちに廃車になりそうです。

普段は雨の日に夫を駅に送っていくくらいしか出動しないのですが、昨日何を思ったか都内の体育館まで車で行ってみようと思いました。

Googleで調べると電車の方が圧倒的に遠かったからです。
もう一大決心です。何が怖いって、東京は立体交差が多くて、どの信号見てどこへ行ったらいいかわからなくなって、交差点で立ち往生しちゃいそうなんです・・・。(周りの人が怖いかも)

でも頑張っていきました。池袋のあたりで、きゃ〜〜〜〜!!どっちへ行ったら右折なん???って思いながら。
あと、怖かったのは路面電車の線路の前って一旦停止するの?しないの?これは道扱いなのか?線路扱いなのか?信号見てそのまま行っていいの?どっち???とか。

ああ、怖かったけど、やっと到着!来れた!やった!!と思ったらですね。

「今日の練習場所変更です〜!」と電話がかかってきました。

えええええ〜〜〜〜!?どこへいけば??

別の体育館を指示されて、都内を走りました。どうでもいいことですが、山手線の内側を走ってる!!私すごい!って感動しました。現地に到着するとナビって手前で案内をやめるでしょ?そこから車を停められるところを探して、ぶつけないで停めて、そして無事家まで帰って来られたことが昨日の一番のトピックスです。

先日弟に「姉ちゃんはどんなとき幸せなんや?」と聞かれて、なかなか答えられなかったのですが、
2つ見つかりました。

*電車でしか見ない都内の駅名を横目に、歩いて通ったことのある道を車で運転できたとき。(興奮レベルです)

*明るいうちに帰ってきて、洗濯物を取り込んでその日のうちに家が整ったとき。(じんわり幸せです)

あと1個いつも幸せを感じるのは青い空を見上げたときです。
そういう些細なときに内側からじんわり湧いてくる嬉しさみたいなのが私の幸せですね。

その他アクティブをしているときは幸せと言うよりも楽しい!こっちが強いかな〜!

LINEで送る
[`evernote` not found]