コロナで自宅待機になった今年初め頃、息子がスパイスから作るカレーにはまりまして、
たくさんのスパイスを一気に買ってきました。
私は、モノを増やすのが嫌いなので、こういう買い方は絶対しないのですが、
まずは形から入りたがるのは若者のサガでしょうか・・・!

どこに置くの?と聞くと自分の部屋とかいうので、放置しておいたら
段々息子の部屋がカレーの香りになってきたので、仕方なくキッチンに並べました。

謎なスパイスも多くて、どうやって消費しようかと思いながらも
大好きなクミンだけは何にでも振りかけます。
美味しいですよ〜。昨日はクミンピラフ作りました。

何に入れてもカレーっぽくなりますが・・

羊にクミンをつけて食べるのも美味です。しかも痩せるんです。
羊のせいで痩せるのかと思っていたけれど、もしかしたらクミンのせいかもしれません。

効能を調べてみると食欲不振、肝機能障害、胃弱って書いてありました。
余計食欲増して太りそうなものなのに。

他にもカルダモンも大好きです。殻付きの方が好きです。
こちらはなんとも高貴な香りで、物忘れにいいらしい。
そんなことで今日はスパイスの名前と効能の一部を覚えてみませんか?
スパイスには色々な効能があるので、こんな効果もあるよと言うのを抜粋しました。
(他にも沢山ありますが、一気に摂り過ぎるとお腹を壊すこともあるので注意)

1.ナツメグ・・・低血圧

2.タイム・・・頭痛

3.シナモン・・・不眠

4,セージ・・・貧血

5.ディル・・・腹痛

6.バジル・・・自律神経失調

7.ローレル・・・神経痛

8.スターアニス・・・咳止め

9.クローブ・・・関節炎

10.フェンネルシード・・・高血圧

 

私の経験では、一番今惹かれるものが自分の体にふさわしいものである事が多いです。

体の声を聞きながら楽しんで下さいね。